トップ > interview第19回 株式会社兼久

第1回 大知木材株式会社

第2回 株式会社有馬商店

第3回 西田木材

第4回 株式会社大垣

第5回 株式会社灘銘木店

第6回 株式会社毛利商会

第7回 カルモ木材株式会社

第8回 清水木材株式会社

第9回 株式会社三栄

第10回 株式会社山本商店

第11回 三祐木材株式会社

第12回 有限会社山神材木店

第13回 林木材株式会社

第14回 株式会社名田商店

第15回 名村木材株式会社

第16回 株式会社柳原木材

第17回 宮崎木材株式会社

第18回 合資会社稲見材木店

第19回 株式会社兼久

第20回 合資会社ミツワ材木店

第21回 株式会社田中商店

第22回 株式会社岡本材木店

第23回 神戸建材株式会社

第24回 有限会社伊藤材木店

第25回 岸野木材合資会社

第26回 株式会社真田商店

第27回 滝乃木材有限会社

第28回 株式会社福島材木店

第29回 中原材木店

第30回 川本木材株式会社

神戸の材木屋さん

 

19回:株式会社兼久(かねひさ)(神戸市兵庫区駅前通)

 

こんにちは牧牛(ぼくぎゅう)です。

 

さて、今回の訪問先は神戸市兵庫区駅前通5丁目120の㈱兼久さんです。JR兵庫駅から徒歩数分で㈱兼久さんに到着しました。取材日は平成25年1月23日の午後、インタビューに応じて下さったのは社長の田中肇さんです。

kanehisa1.JPG

田中 肇 社長

還暦を過ぎている牧牛からみると田中社長は青年そのもの、インタビューを通して彼の仕事に対する熱意と地球環境への配慮が十二分に感じ取れました。

 

例によって牧牛の大好きな会社のルーツからインタビューをスタートしました。が、今回は「過去を振り返るのも大切で有意義だが、将来に向けた展望と夢の実現の方がもっともっと大切だ」と痛感しました。田中社長はそれほどユニーク(一般的に見ると決してユニークではないが、木材業界ではユニークかもしれない)かつロマンチックな時代が求める取り組み(事業)をなさっています。

㈱兼久さんは昭和411月に現社長の父田中久嗣氏(現会長)が当地で創業されました。田中久嗣さんは長田区の(資)ミツワ材木店で修業をされたのちの独立開業です。商売形態は大工・工務店さんに一般建築材を販売する、所謂仲買さんとしてスタートしました。現在では木材よりも建材類の販売の方が増えているそうです。

 

kanehisa2.JPG

社屋

田中肇社長は昭和44年生まれの44歳。追手門学院大学を卒業後、家業に就かれました。大学時代はテニス部に所属。余談ですが、追手門学院大学のテニス部といえば追手門出身の作家宮本輝が著した青春小説「青が散る」で有名です。

 

同社は旭化成のへーベルハウスの指定建材店で、兼久の全売上高に占める割合は一番高いという。「2代目なので先代と同じことはしたくなかった。工事やモノづくりをやりたかった。何か他と違うものをずっと追い求めてきた。指定建材店として流通だけだったのが外壁等の施工(材工)にも着手、常時職人を使い始めた。そんな環境の中で自然素材の断熱材と出会った」と田中社長。

 

外壁に古紙を使った「セルロースファイバー」を使用する。省エネ=断熱。「いくらソーラーを設置しても、構造材・断熱材・仕上材の3つが揃わないと省エネとは言えない」と田中社長。

 

昨年の7月、兵庫県三木市内の同社工場で古紙を使った「セルロースファイバー断熱材」の製造を開始した。投資金額は約2300万円、生産能力は月間30トン。ブランド名の「コンファイブ=comfibe」はCOMFORT(快適さ)とFIBER(繊維)から命名、工場名も「地産夢工場神戸」と名付けた。

kanehisa3.JPG

三木の工場

原料となる古紙の収集方法、同社の画期的で素晴らしい取り組みに注目したい。理念は「住宅断熱材の地産地消」、合言葉は「断熱材は地域で作り、地域で使う」。

 

「セルロースファイバー断熱材」の原料となる新聞古紙を地域の家庭から積極的に受け入れる。加えて、建設中の施主から、新聞古紙や子どものテスト用紙、家族の思い出の紙等々、自分たちの生活から発生する紙料の提供をいただき、断熱材に加工して建設中の家に使う。断熱材に物語が付加され、オーダーメイド断熱材ともいえる。

kanehisa4.JPG

パッケージ

「セルロースファイバー断熱材」の大手メーカーは日本セルロースファイバー工業会に所属する日本製紙、王子製紙、吉水商事、デコスの4社。

元々代理店として工事だけを請けていた。「①エコが体感出来て②お客様も喜び③まあまあの利益も出て④ライバルが少ない」というメリットのうち③④が薄れてきた。

 

「メーカーになるしかない。四大メーカーとの差別化、それが地産地消だ」と田中社長。「集材コストがかかり物流比率が高い。地域生産、地域消費を進めることは輸送コストを抑えるだけではなく、輸送時のCO2も削減できる。炭素を固定しており地球環境に貢献する」と夢を語る。

 

日本国内の断熱材はグラスウールが主流。自然素材で調湿作用に優れるセルロースファイバーの比率は米国の35%に比してたったの2%。最大の問題は価格。「グラスウールの10倍はする」と田中社長。「しかし、使いたい人はたくさんいる。断熱材は100%セルロースファイバーで、という施主の要望がインターネットで工務店に届く。商圏は関西、毎年伸びているが工務店と組んでより一層の啓蒙普及活動を行いたい」と目を輝かせる。同社は地産ECO断熱協会に所属している。

 

 

因みに田中社長の趣味は「車」。かなりマニヤックだそうです。

kanehisa5.JPG

工場内

長時間ありがとうございました。