トップ > interview第4回 株式会社大垣

第1回 大知木材株式会社

第2回 株式会社有馬商店

第3回 西田木材

第4回 株式会社大垣

第5回 株式会社灘銘木店

第6回 株式会社毛利商会

第7回 カルモ木材株式会社

第8回 清水木材株式会社

第9回 株式会社三栄

第10回 株式会社山本商店

第11回 三祐木材株式会社

第12回 有限会社山神材木店

第13回 林木材株式会社

第14回 株式会社名田商店

第15回 名村木材株式会社

第16回 株式会社柳原木材

第17回 宮崎木材株式会社

第18回 合資会社稲見材木店

第19回 株式会社兼久

第20回 合資会社ミツワ材木店

第21回 株式会社田中商店

第22回 株式会社岡本材木店

第23回 神戸建材株式会社

第24回 有限会社伊藤材木店

第25回 岸野木材合資会社

第26回 株式会社真田商店

第27回 滝乃木材有限会社

第28回 株式会社福島材木店

第29回 中原材木店

第30回 川本木材株式会社

第4回
株式会社大垣
(神戸市兵庫区上沢通)

 ogaki_0001.jpg

 

こんにちは牧牛(ぼくぎゅう)です。

 

今回の訪問先は
神戸市兵庫区上沢通1丁目1-16の
株式会社大垣さんです。
応対して下さったのは社長の大垣清明さんです。

 

ogaki_0002.jpg

大垣清明社長

 

阪神電車(阪急でも同じ)新開地駅で乗り換え
神戸電鉄湊川駅から徒歩数分で大垣さんの会社に到着しました。
牧牛の悪い癖ですが
どうしても大阪人の目で神戸を眺めてしまいます。
土地柄としての「新開地」は大阪の「新世界」とどうもダブってしまいます。
大垣社長に教えていただいたのですが、
かつて新開地は神戸一の歓楽街でした。
1912年(大正2年)に
東京の帝劇を模して創られた「聚楽館(しゅうらくかん)」
新開地のランドマークとして市民に愛され、
子供たちが「ええとこ・ええとこ」と歌に歌ったそうです。
時が流れ、
「通天閣」で知られる新世界が
キタやミナミにその地位を奪われたように、
神戸の繁華街も
三宮・元町周辺に移ってしまいました。
現在、
聚楽館の跡地には「ラウンドワン」というボウリング場が建っています。

 

前置きが長くなりましたが本題に入ります。

 

創業者は現社長の祖父に当たる大垣照幸さんです。
昭和3年、神戸市林田区野田町で開業されました。
今は林田区なんて存在しません。
長田区に併合されたそうです。
大垣家は元々岡山県玉島出身、
開業当時は樽丸太用材の販売が主だったと聞きます。
戦争中の統制経済を経て昭和21年1月、
終戦後、
まだ焼け跡が散在するさ中に大垣木材店は再開。
同22年4月、現在の地・湊川に移転しました。
同26年に法人改組、
同37年父上の大垣勇氏が二代目社長に就任しました。
大垣清明氏が社長に就任したのが平成9年、
就任と同時に社名も株式会社大垣と改めました。
社名変更にまつわる物語は後述します。

 

同社の商売は
もともと大工・工務店さんに一般建築材を販売する典型的な仲買さんでした。
「でした」と過去形にしたのには訳があります。
現在の同社の売上比率は圧倒的に建築関係が多いのです。
木材業というより建築業といっても過言ではありません。

 

ogaki_0003.jpg

大垣社長と倉庫内

 

大垣清明さんは昭和25年9月生まれ。
滝川中学・高校から近畿大学商経学部に進まれ、
卒業と同時に家業に就かれました。
高校2年の時、ロータリークラブの交換留学生として1年間、
アメリカはニューヨーク州の
レイクジョージという人口1500人の街で過ごされました。
「一生の良い思い出。人生観が変った。積極性が身についた」
と若かりし頃のアメリカ生活を述懐してくださいました。

 

「このままではあかん、売上も落ちる一方や。何とかしなくては」
と危機感を募らせ、少しずつ建築分野に参入していったそうです。

-

30年くらい前の話です。
仲買さんが建築をやるということは
得意先である大工・工務店さんの仕事を奪う事になります。
得意先を守る、流通のルールを守るという観点から
建築業には参入しないとする仲買さんもたくさんあります。
が、大垣社長は違ったのです。
「隠れてやらずに堂々とやろう」

として別会社を設立しました。
昭和57年に設立したその会社名が「大棟(だいとう)」です。
平成8年に社名変更したとき株式会社大垣と合併しました。
時代の流れ、流通構造の変化により
仲買さんが従来どおりの商売で飯を食うことが
至難な時代になってしまいました。
大阪の仲買さんでも建築業に進出した会社は比較的元気です。
それにしても勇気のいる決断ですね。

 

ogaki_0004.jpg

 設計室

 

 

当初は新築工事専門で建売住宅はなし。
請負工事ばかりだったそうです。
ジャンルは木造とS造。
神戸の大震災でも倒壊は1軒もなかったそうです。
建築業界も変化が激しい業界です。
そして同社の主流も「リフォーム」に移りました。
JA(農協)の賃貸住宅のリフォームと
ホームセンターが発注するリフォームが多いと大垣社長。
ホームセンターはある意味で材木屋の敵ですが、
一般ユーザーは得てしてホームセンターに足を向けます。
リフォーム等の窓口を設置しているホームセンターも多く、
大工さんのOBあたりがその担当を担っているそうです。
ホームセンターの営業力は侮れませんね。

 

 

大垣清明社長は現在(2009年1月時点)、
神戸木材仲買協同組合の理事長の要職にあります。
兵庫県木材青年クラブ会長、
日本木材青壮年団体連合会副会長、
日本木青連近畿地区協議会会長を歴任されました。
「次は神戸木材協同組合の理事長、そして兵庫県木連会長ですね」
と牧牛が突っ込みましたら
「なんでやねん!松野さん(カルモ木材社長)が先や!」
と大きな地声でかえってきました。

 

ogaki_0005.jpg

執務中の事務所内

 

今後について伺いました。

「耐震はもちろん、
断熱、ソーラー等『エコ』に対してどう取り組むかだ。
10年保証は当たり前のこと。
普通にやればOKだと思う。
要はクレームの少ない家を提供して
お客様にどう満足していただくかだ。 」

 

また材木屋にたいしては、
「新しいことに対応する意欲が欠如している。
すべて二番煎じになっている。
もっと情報を積極的につかむ努力をして欲しい。
2645m2の病院の外断熱をやったが、
今自分が一番興味を持っているのは外断熱だ。」

と、きわめて意欲的です。
本日のインタビュー終了後は
輸出用コンテナの内装工事の打ち合わせに行くそうです。

 

ogaki_0006.jpg

事務所玄関前にて

 

声が大きくいかにも陽性な大垣社長ですが、
24歳の時に悲しい出来事が起こりました。
帯鋸で左手を手首から切断したのです。
「奈落の底に落ちた。立ち直れないと思った。」
残念なことに大垣さんは左ききだったのです。
「これで木は担げない」
との思いが建築に取組むきっかけにもなったそうです。

 

 

「楽しかった思い出は
木青連で全国に友人ができたこと。
高校時代のアメリカ留学で
プラス思考になったことが今に活かされていると思うよ。
大学時代は英語力を買われて

旅行者の添乗員のアルバイトをやった。
これも楽しかった。
趣味はテニスだったが娘に負けてからやめた。」

 

 

ご子息の仁志さんも家業に入られています。

 

大垣社長、長時間ありがとうございました。

 

 

 

取材日:2009年1月24日

 

株式会社大垣

〒652-0046

兵庫県神戸市兵庫区上沢通1-1-16

ホームページ http://www.oogaki.co.jp